読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

生きるための自傷行為とは

lemonymint.hatenadiary.jp

 

この記事の中で、私が自傷行為をしていた頃のことを少し書いた。

今回はその頃の私の心理状態、自分を傷付けた理由、今になって思うことなどを書いてみたいと思う。

 

※この記事には生々しい自傷行為に関する表現があります。精神的に不安定な方、影響を受けやすい方は閲覧を控えるなどご注意ください。

 

 

 

まず、「自傷行為」と死ぬことを目的に自分を傷付ける「自殺未遂」は別物としてこの記事では扱う。

 

 

私が自傷行為を始めたのは、うつと診断されて3年ほど経った頃のことだった。

 

しかし実は、中学生の頃も自傷行為っぽいことはしていた。

剃刀やカッターなどで、手首や胸元を傷付けるのだ。

服で隠れる場所なのがミソで、つまり傷に気付くのは家族くらいしかいない。

当時の私は、家族の中に居場所がなく、寂しい思いをしていた。

なので心配してもらいたくて、気にかけてもらいたくて、自分を傷付けていた。

よくあるかまってちゃんのリスカだ。

 

けれど、うつと診断されてからのそれは違った。

 

きっかけは、当時ブログなどを通じて知り合った友人の何人かが精神を病んでいて、自傷行為をブログで報告しているのを見たことだった。

精神的に不安定な時、落ち込む出来事があった時、自傷行為をすることで落ち着いたと書かれていた。

そんなに効果のあるものなら自分もしてみたい、そう思った。

まるで違法薬物に手を出すのと同じような構図だが、実際に私はどんどん自傷行為がエスカレートしたし、行為自体に依存するようにもなった。

 

中学生の頃と明らかに違ったのは、服を着ていても目に見える手の甲に近い場所にも傷跡を作っていたことだろう。

当時の私には同居人はいたが両親とは離れて暮らしていたため、家族だけに見える場所に傷を作る必要はなかった。

そもそも、誰かの気を引くことが目的でもなかった。

自分を傷付けること、その行為自体に安心感をおぼえていた。

 

当時の私は、自己嫌悪、加害妄想、他人を傷付けることや嫌われることへの恐怖がとても大きかった。

自己評価がとてつもなく低く、自分を罰せなければならないと思っていた。

その自分を罰する行為のひとつが、自傷だった。

痛みが、流れ落ちる血液が、自分の罪を軽くしていくような気がしていた。

 

行為がエスカレートした私は、毎晩のように風呂場で自傷を繰り返した。

洗面器にお湯をためて、そこに左腕を突っ込んで、お湯が真っ赤になるまで切った。

何度か傷が塞がらなくなり、外科で縫合してもらったこともある。

最終的には切りすぎて皮膚が非常に薄くなってしまったため、次はもうこれ以上縫えない、傷が塞げないとまで言われた。

結果的に私の左腕は肘の近くまでびっしりと傷跡だらけで、ケロイド状になっている。

傷跡が赤く引き攣れていた頃はあまりに見た目が醜いので、半袖の服など着ることができなかった。

現在は傷の色も肌色になり、近くで見なければあまり気にならないため、半袖の服も着るし、何か聞かれた時は怪我や火傷の痕だと答えている。*1

 

最後に自傷行為をしたのは、この記事の時だと思う。

lemonymint.hatenadiary.jp

 

しかし、この時は明確に自殺をするつもりで傷付けたので、正しくは「自傷」ではなく「自殺未遂」である。

となると、私はもう少し早い段階で自傷癖から抜け出している。

理由ははっきりとは覚えていないが、「もうやめよう」と強く思ったことは確かだ。

 

「もうやめよう」と思うまでには時間がかかった。

何故ならそれまで、私は医者や家族に止められても、「私は生きるために切っているのだ!」と強く主張していたからだ。

実際、自分を傷付けることで自分を罰し、そして心が軽くなっていた。

自傷行為をしていなかったらどうなっていたかは分からないが、もしかすると心が壊れていたかもしれないし、もしかすると傷付ける対象が自分以外に向かっていたかもしれない。

 

なので、私は今自傷行為をやめられない人に対して、非難はしない。

否定もしない。

けれど、肯定もしない。

できれば早く、「やめよう」と思ってほしい。

それを行動に移してほしい。

きっと、自傷行為をした後で後悔の念に苛まれる人も少なくないと思う。

私もそうだった。

「やめよう」と思っても、本当にやめるまでには時間がかかった。

とにかく強い意志が必要なのだと思う。

禁煙やアルコール依存症と同じようなものではないだろうか。

 

そしてもしそうだとしたら、周りの人間は責めるのではなく、理解してあげてほしい。

自殺未遂は別として、「死にたい」ではなく「生きたい」と思って自分を傷付けている人は多いと思う。

そんなことして自分を責めなくても許されていることを、伝えてほしい。

そして自傷行為をやめようと頑張っているなら、今日も我慢できてよく頑張った、と褒めてあげてほしい。

 

 

以上はあくまで私の体験をもとにした個人の意見である。

全ての自傷行為をする者に当てはまるとは限らない。

 

ただ、私にとっての自傷行為「生きるための躊躇い傷」であったと、今振り返ってみて思う。

*1:精神障害に理解のある人は自傷跡だと分かっているので、そもそも聞かない