檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

ド田舎の夏祭りで泡フェスって……

タイトル通りである。

 

私の地元はとてつもないド田舎だ。

そんなド田舎にも夏祭りがある。

昔は夏祭りを挟んで夏の間は毎週土曜日の夜、夜店が開かれ、商店街に屋台が並んでいた。

しばらく前に夜店は開かれなくなり、屋台が並ぶのは夏祭りの期間中のみとなった。

 

夏祭りと言っても、京都の祇園祭のように神社の祭りではなく、そのため神輿などもない。

隣町には歴史ある神社の夏祭りがあり、神輿がひとつの名物となっている。

はっきり言って、隣町の夏祭りの方が盛況している。

 

そんな我が町の夏祭りの目玉として、今年は泡フェスが行われることとなった。

いくつか疑問点や問題点があるので挙げていきたい。

 

  • 客層は?

まず、どの辺りの客層を狙っているのだろう。

私個人のイメージで悪いのだが、泡フェスというのはクラブイベントの延長、つまり一般的に「パリピ」と呼ばれる人間が集まるイメージがある。

こんなド田舎にパリピがどれくらいいるというのだろう。

パリピと呼ばれる人たちは、基本的には20代~30代前半という。

田舎はとにかく結婚が早い。

20代半ば~30代前半は、結婚して子育て世代であることが多い。

それ以下の20代前半となると、親元を離れて大学生だったり、そのまま都会に就職したりという者も多い。

子育て世代が泡フェス?

それとも、もっと若い中高生辺りを狙っているのかもしれない。

 

  • ナンパ・痴漢

中高生がターゲットだとすると、見逃せない問題かと思う。

実際に泡フェスは出会いの場であるという。

ナンパ目的で参加する人も多いらしい。

まあ、都会の場合はであるが。

もちろんナンパが全部悪いとは言わないが、ヤリモクの男に女子中高生がナンパされたら?

今流行りの淫行になってしまう。

性の乱れは避妊や性病などの問題にも結びつく。

また、実際に泡フェスで痴漢被害に遭ったという体験談も読んだ。

主催者は、痴漢防止のための対策をどこまでしてくれるのだろう。

 

  • クラブイベント慣れしていないのに盛り上がるのか

ド田舎であるが故、市内にクラブはない。

クラブイベントと縁がない人がほとんどかと思う。

ライヴハウスすらなく、音楽を聴きながら盛り上がるという体験はなかなかできない。

もちろん盛り上げ役のミュージシャンやダンサーなどがいるのだろうとは思うが、実際どれくらい盛り上がるのかは未知数だ。

 

 

ここからは私の勝手な意見なのだが。

 

正直、町興しを考えて考えて考えて煮詰まりすぎて頭がおかしくなったとしか思えない。

以前から、我が町の町興しは迷走していた。

 

数年前から売り出しているのが、B級グルメだ。

一般的なご当地名物フードの具材を1種類変えただけのもので、多少味や食感は違うが、取り立てて騒ぐほど美味しいわけではない。

わざわざ我が町に来てまで食べようと思うだろうか……。

更に、そのB級グルメにあわせてご当地ゆるキャラも作られた。

ゆるさも可愛さも中途半端というか、正直あまり可愛くもないし、かといってキモくもないし。

グッズ展開もそれほどしていないので、知名度はあまりない。

 

近年になって、90年代に活躍していた我が町出身のミュージシャンをイベントに招聘するようにもなった。

何故、90年代にそのミュージシャンを町興しに利用(と言ったら言葉は悪いが)しなかったのか。

90年代からB'zで町の名を売っていた津山市を見習ってほしい。

あるいは、せっかくなのだからとことんそのミュージシャンやヒット曲のネームバリューを利用すればいいと思う。

例えば公立の小中学校の校歌を作ってもらえないのだろうか。

ヒット曲を駅メロに使えないのだろうか。

……まあ、市内で一番大きな駅ですら1時間に1本~2本しか電車が来ないのだが。

 

その他にも、何の売りもない道の駅を作ったり、学校を統廃合して小中一貫校にすることに力を入れていたりと、迷走は続いている。

小中一貫校については賛否あると思うが、中高一貫校で人間関係に苦しんだ私から見ると、地獄としか思えない。

そもそも、小学校でイジメにあっていたので、人間関係をリセットするためにも中学受験を選んだのだが。

 

 

とにもかくにも、泡フェスがいい結果をもたらすことを心から願っています。