檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

人は見た目が100パーセントだなあと思った話

そんなタイトルのドラマも放送されていますが。

ブルゾンちえみのイケてない女役や、綺麗どころの桐谷美玲水川あさみのコミカルな演技も面白いので、ついつい見ておりますが。

 

しかし今回はドラマの話ではない。

 

先日、神田沙也加が俳優の村田充との結婚を発表した。

そして本日、お二人のブログでハワイ挙式を行い正式に結婚したことが報告された。

本当におめでたいことなので、心から祝福したいと思う。

 

神田沙也加といえばもちろん、両親の存在が大きく話題になることが多いかと思う。

個人的には私は演劇ヲタクなので、ミュージカル女優・神田沙也加の方が馴染みがある。

とはいえ、実際に彼女の出演する作品を見たことはないのだが、来春再演が予定されている「1789 バスティーユの恋人たち」は観に行きたいと思っている。

本当は初演もチケットを取っていたのだが、体調不良や諸々で行けなくなってしまった……。

 

そして、お相手の村田充氏である。

彼についてはこの報道で初めて知った人が多いらしく、長髪にいっそ病的な雰囲気さえ感じさせる風貌に、「キモイ」「オカマなの?」「神田沙也加にはもっとふさわしいお相手がいるはず」「すぐに別れそう」などなど、散々なコメントが散見された。

実際にファンのコミュニティでは遊び人疑惑や薬物の噂などもあるらしく、あくまでも噂でしかないのだが、「この見た目ならありえる」と多くの人が信じてしまったようだ。

誰もが文句のないイケメンがお相手であったなら(それこそ前述の1789で共演した小池徹平など)、そんな意見は出てこなかったのではないだろうか。

 

私は村田氏のファンではないが、仮面ライダー響鬼でその存在を知り、仮面ライダーキバ出演時に雑誌のインタビューやイベント出演映像などでその人となりを知り、その後も時折TVドラマで見かけたり、気になる舞台に出演したりと、それなりに身近な存在だった。

仮面ライダーキバでは聖職者の衣装を身にまとい、早口で特徴のある台詞回しで、冷酷な悪役を演じていた。

彼の長身痩躯に聖職者の衣装と眼鏡が非常に格好良く似合い、教会でパイプオルガンを弾く姿などが印象的だった。

舞台作品でいえば「弱虫ペダル」の御堂筋や「おそ松さん」のイヤミ等、個性的な役での活躍が目立つ。

仮面ライダーファン、そしていわゆる2.5次元舞台のファンの間では、そこそこ有名な役者の一人だろう。

悪評はほとんど聞かず、個性的だけど愉快で気さくなお兄さん、というイメージが強い。

仮面ライダーキバのイベントの際、共演歴の長い松田賢二氏と悪ふざけし、年下の共演者にたしなめられる、という微笑ましいエピソードも懐かしい。

とにかく、私の中に村田氏へのマイナスイメージはなかった。

 

どうやら報道に使われた写真を撮影した際、村田氏は出演中の舞台のために髪を伸ばし、あのような個性的な髪型にしていたらしい。

髪が短ければ、好き嫌いは分かれそうだが普通に格好いいので、ここまで「気持ち悪い」という感想もなかったのかな、と思う。

 

お二人が挙式の報告のブログを公開し、神田沙也加ファンや無責任な外野たちも村田氏の真面目で誠実な人柄に触れ、次第に祝福ムードになっているようだ。

二人のドレスとタキシードの写真はまるで映画のワンシーンのようで、美しかった。

ツーショットのTシャツ姿はやっぱりちょっと髪型がなあ、と思ってしまったが(苦笑)

 

結局、人の第一印象というのは見た目で決まるのだ。

最初から挙式写真が出ていれば、外野の反応もまた違ったのかもしれない。

 

そんなことをふと思った。