檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

私はキティラーである

私には男女の概念が欠落しているが、女性的な部分と男性的な部分を持ち合わせている。

中でも特に女性っぽいと感じる趣味嗜好のひとつが、ハローキティだ。

ご当地キティをはじめとするさまざまなキティグッズを買い集めており、マスコットやぬいぐるみだけでなく、日用雑貨などもハローキティ

私はいわゆるキティラーである。

 

厳密に言えば、一番好きなサンリオキャラクターはチャーミーキティである。

ハローキティの飼い猫、というなんとも倒錯的な設定なのだが、擬人化されていないリアルな猫感がとても可愛い。

2004年頃に登場し、しばらく大々的にグッズ展開されていた。

しかし近年はチャーミーキティ単独のグッズは激減し、飼い主であるハローキティとのコラボが僅かに出るくらいである。

ちなみに毎年行われるサンリオの人気投票でも、チャーミーキティはギリギリ20位圏内くらいとなかなか微妙なポジションだ。

 

ところで、幼い頃の私はハローキティに全く興味がなかった。

 

小学生くらいの頃だろうか。

同級生の女子たちは、サンリオのキャラクターや少女漫画・アニメのヒロインなどのグッズをよく身に着けていた。

文房具などもキャラクターものである。

しかし私はといえば、特にキャラクターものにこだわりがなかった。

例外として記憶しているのが、魔法使いサリーの魔法のステッキ、そして秘密のアッコちゃんのコンパクトを親にねだり、買ってもらったことぐらいだろうか。

セーラームーンもちょうど世代だったのだが、未だにセーラームーンのグッズには興味がない。

 

私が少女っぽいものに興味を持ち始めたのは、中学生になった頃だった。

ピンクやフリルといったものを好み始めたのだが、同時に羽根や鎖といったものにも興味を持ち始めたので、どちらかというと中二病ゴスロリ趣味かもしれない。

しかし、私の持ち物にはピンクが増えた。

幼い頃からあえて避けていた色だったので、もしかしたらその反動だったのかなとも思う。

 

ハローキティのグッズとの出会いも、その頃だった。

当時、キティラーブームだったのでグッズが大量に店に出回っていた。

そのせいもあるのだろう、叔母にハローキティグッズをどっさりともらった。

叔母には娘がおらず、娘がいたらそういったものを買い与えたかったのだと話していたという。

私のことを娘のように可愛く思ってくれていたとも聞く。

叔母からプレゼントされた当時はそこまでキティグッズに興味がなく、実際に使うことは少なかった。

しかし全て大切に保管していた。

 

私が大学生になる少し前、叔母が亡くなった。

キティグッズは叔母の形見となった。

 

大学生になり、チャーミーキティに一目惚れしてグッズを買い集めるようになった。

サンリオショップにも行くようになり、ハローキティを目にする機会が増えた。

ライヴ等で遠征に行くことも増え、ご当地キティをお土産に買うようになった。

気付けばチャーミーキティだけではなく、ハローキティも好きになっていた。

 

サンリオピューロランドで結婚式を挙げることが夢だ。

同性婚も挙げることができるという。

パートナーは男性か女性か、それともそれ以外かはまだ分からない。

ウェディングドレスを着たいか、タキシードを着たいか、それもまだ分からない。

ただ、ハローキティに祝福してもらえる式が挙げられたらと思っている。