読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

障害者雇用外で働く

menhera.jp

今回はこちらの記事を受けて、障害者雇用ではなく健常者と同じ条件で働いている精神障害者としての立場を書きたいと思う。

 

まず働き始めた時の私のスペックとしては、双極性障害障害者手帳2級、障害年金受給、大学自主退学で最終学歴は高卒、29歳独身、結婚妊娠の予定なし。

田舎なので高卒はザラだし、結婚妊娠の予定なしは長期で働く上では強みだ。

 

 

雇用されるまで

1.登録~先方からの連絡

職場は求人サイトで探した。

最初から働きたい業種も、具体的な職場の希望もあったので、求人サイトで求人しているのを確認してそこから登録した。

田舎の個人経営の企業である。

障害者雇用枠などないので、端から健常者として雇用されるつもりで申し込んだ。

 

翌日、担当者から連絡があった。

次の日に面接に来てほしいとのことだった。

持参する物は簡単な履歴書のみ、服装の指定はなかった。

 

2.履歴書と服装

履歴書には、ある程度本当のことを書いた。

というか、嘘は一言も書いていない。

大学の退学理由も「一身上の理由」で、空白期間も持病の療養期間ということにした。

 

私は就活を体験したことがないため、リクルートスーツを持っていない。

大学の入学式で着用したスーツのみであるが、少々古くサイズも合わない。

だからといって、さすがにニート丸出しのファッションセンスのかけらもない服装もアウトだろう。

結局、働きたい職場の雰囲気も考え、少々お洒落でふんわりしたいわゆる森ガールファッションをもう少し大人っぽくしたような服装で行くことにした。

 

3.面接

面接は電話で対応した担当の者とマンツーマンだった。

その際、担当の者が実は経営者本人だと初めて知った。

 

その職場は慢性的な人手不足だったようで、面接は形式的なものだということはすぐに分かった。

何度かバイトの面接を受けたこともあるが、この職場は動機や意気込みといったものよりも、雇用された後の条件面に関する話に多くの時間を割いた。

 

こちらが出した条件としては、

  • 持病があるので月2回程度病院に通院させてほしいこと
  • まずは週3回のシフトにしてほしいこと*1
  • 面接を受けた段階で予定*2が入っている日は休ませてほしいこと

くらいである。

また、持病があるので疲れやすかったり体調を崩したりすることがあるかもしれない、と最初から予防線を張っておいた。

 

4.雇用決定

結果的に私は面接に合格ということで、登録した日から数えると約2週間で働き始めた。

雇用形態はパートタイマーである。

その職場では正社員と学生バイト以外は全てパートという扱いだった。

 

働き始めて

体調面

その当時はある程度精神的には落ち着いていたが、やはり朝起きられないことや、家からなかなか出られないことがあった。

何度か遅刻を繰り返してしまい、社会人として、ギリギリの出勤や遅刻はよろしくない、と早速厳しく叱られた。

 

肉体的にもなかなか厳しい職種で、ずっとほぼ寝たきりだった私の肘や膝など身体のあちこちが悲鳴を上げた。

しかし、数ヶ月が過ぎる頃には長時間立ちっぱなしだったりずっと歩き回ることが、苦ではなくなるくらいに脚力が付いていた。

 

困ったこと

社会人経験が短期バイトくらいしかないため、最初は挨拶のタイミングやなんと声をかけていいかもよく分からず、何度か注意された。

人見知りではないが、初めての場所で知らないスタッフと共に働くことに対する緊張もあったと思う。

緊張から、最初の頃は作業自体に落ち着きがないということもあった。

 

また、他人と会話をすることがほとんどない生活を続けていたため、他のスタッフの指示に対して返事をする時など、思わずどもってしまったり、咄嗟になんと返せばいいか分からず言葉が出ないことがあった。

独り言も多かった気がする。

 

障害者雇用外で働くメリット・デメリット

このような経緯で、私は今の職場でパートとして働いて数年が経った。

前出の記事に書かれている障害者雇用で働くメリット・デメリットと比較しながら、私の体験上のメリット・デメリットを考えてみたい。

 

障害者雇用のメリット

休みや早退に寛容

私の職場はシフト制なので、ある程度は寛容である。

病院の予約が入った日はシフトをずらすなどしてもらえる。

しかし急な休みは人手不足に繋がるため、当日急に休むことは極力避けなければならない。

 

繁忙期に関しては、基本的に休みなどの希望は通らない。

 

責任感のある仕事はやらされない

新人の教育や納品の領収書へのサインはパートやバイトでも任されるが、具体的な商品案や改善案などは出すことができない。

責任感のある仕事は、基本的に正社員だけである。

 

多少のミスは許される

許される場合もあるが、ミスの大小にもよる。

また、相手のある職種であるので、いくら小さなミスでも相手方が気分を害したり怒ってしまったりした場合は、上司に厳しく叱られることになる。

 

人事部の人が気にかけてくれる

人事部がないので割愛。

 

面接のとき職歴の空白は「治療に専念していました」で通じる

私には精神障害の他にも持病があるため、この言い訳を利用することができた。

この辺りは雇用主によると思う。

 

障害者雇用のデメリット

賃金が安い

私の職場は業界として賃金が安いので、障害者雇用云々は関係なく安い。

最初は最低賃金ギリギリだった。

 

雇用形態が安定していない(ほとんどが契約社員

私もパートという形で働いているが、正社員が何人か退職した時他のスタッフから「正社員になれば」と勧められたこともある。

実際、シフト制ではあるが実質的な労働日数はほぼ正社員と同じくらいという時期もあった。

しかし結局、体力も精神の不安定さも正社員の激務に耐えられるとは思えないので、賃金は安いがこのままでいいと思っている。

 

昇給がないところが多い

雇用されて1年経った頃、昇給した。

時給20円アップである。

それ以降は体調を崩し休職した時期もあるため、ずっと現状維持のままだ。

 

人並みに働けていないことに劣等感が湧く

これは逆に言うと、障害者雇用外で働く上での一番のメリットかもしれない。

実力重視なので、健康な他のパートと分け隔てなく仕事を任せられる。

ひとつ仕事を覚えれば、また次の仕事を教えられる、という感じだ。

職場で頼りにされている、社会の役に立っている、と実感できる部分である。

 

やりがいがない

これも職場によるのではないかと思う。

現代の日本社会で、やりがいを感じられない職場など山ほどあると言っても過言ではない。

私の場合は、最初は働いた対価を得られることでやりがいを感じていた。

しかし、次第に自分の仕事に対して受け手の反応を見ることができないため、モチベーションが上がらなくなってしまった。

元々、黙々と一つの単純な作業を繰り返すような仕事に向いていないのだ。

 

 

結論

雇用主や職種によるのではないだろうか。

 

障害者雇用で働くことのメリット・デメリットがそのまま障害者雇用外で働くことのデメリット・メリットになるわけではないと思う。

私の場合は精神的な不調にもある程度理解のある経営者に恵まれたため、自律神経の乱れと軽いうつ症状、ということで二度ほど長期休暇をいただいている。

体調が優れず、当日休んだり遅刻したりすることにも、繁忙期を除けば寛容だ。

もっとも、症状が悪化したのは職場のストレスが原因のひとつでもあるのだが。

 

今の時代、転職も恥ではないと思う。

障害者雇用を利用したり利用しなかったり、色々試してみて、自分に合った働き方や職場を見付けることが大事なのかもしれない。

*1:過去に短期バイトしか経験したことがなく、長期の連勤にはおそらく耐えられないだろうとの思いから

*2:ライヴや同人誌即売会