読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

私が双極性障害と診断されるまで4

過去記事はこちら。

 

lemonymint.hatenadiary.jp

 

lemonymint.hatenadiary.jp

 

lemonymint.hatenadiary.jp

 

 

前回はうつと診断されてから4年経ち、大学を休学して母と同居することになったところまで書いた。

 

 

実は、母と同居するようになるまでには、一つの事件があった。

パニック発作だ。

実は今までにも、ストレスや緊張を感じることで動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったり、とてつもない不安感に襲われたりすることが何度かあった。

元々緊張しやすい性格だったので、あまり気に留めていなかったのだが、この時は家からも実家からも遠く離れた場所で起きてしまった。

 

その日、私はライヴツアーの地方公演に参加するため、遠方に来ていた。

前日地方公演に参戦し、その日は観光などをしていた。

強制送還事件のこともあり、一人で行かせるのは不安という母とは、翌日東京で合流して東京公演に共に参戦する約束になっていた。

しかし、一人で観光をしている途中に急に体調を崩したのだ。

不安感、そして動悸と息苦しさ。

翌日まで一人でいることは無理だと判断した私は、母にヘルプの電話をした。

そしてその日のうちに東京に移動し、先に東京に来ていた母と合流した。

ホテルに無理を言ってツインの部屋に変えてもらい、一泊し、予定通り翌日のライヴに参戦して帰宅した。

 

その一連のことをY先生に話したところ、しばらく母と一緒にいるのがいいと提案された。

当時の私は、ちょっとしたことで不安になり、気持ちが落ち着かなかったのだ。

 

 

母と同居することになり、私はほぼ上げ膳据え膳状態で寝たきりに近い生活になった。

昼頃まで眠り、昼ドラやワイドショーを見ながら昼食を摂り、漫画や雑誌を読み、夕飯を食べ、深夜までネットをして就寝。

そんな毎日を繰り返した。

 

母にはものすごく気を遣わせたと思う。

買い物などで家を空けている間に私が目を覚ましてはいけないので、なるべく朝早く買い物に行ったり、家事も私を起こさないよう静かにしなければならなかったり、深夜まで起きている私のせいで満足に眠れなかったり……。

今思うと、感謝の気持ちしかない。

 

 

そんな生活が、一年近く続いただろうか。

私は、時折一人で外出できるまでに回復した。

家で一人で過ごしていても、不安を感じることがなくなった。

 

結局冬が来る頃には母は実家に帰り、とりあえず私は翌年から大学に復帰することになった。

1回生→1年休学→2回生→1年休学→3回生→1年休学→4回生、となるので、学年は4回生だが在籍は7年目となる。

大学には最大8年しか在籍できないので、あと2年以内で何とか卒業しなければならない。

そのためには、単位も出席日数もかなりぎりぎりだった。

 

結局その年は、大学に入学してからの7年間の中では、最もまともに授業に出ることができた一年だったように思う。

1回生の時は授業に出られなくなったのは12月以降だが、結局後期の試験を受けることができなかったため単位を落としている。

この時は休みがちな授業もあったとはいえ、試験はきちんと全部受け、レポートもちゃんと提出した。

もちろん点数が悪く落としてしまった単位もあるが、あと一年、何とかまともに大学に通うことができれば卒業に手が届く、という状況だった。

 

 

しかし結局、大学8年目の5回生となる翌年が、私の人生の大きなターニングポイントとなった。

つまり、大学を自主退学することになったのだ。