読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檸檬栽培日記

ヲタクで腐女子でセクシャルマイノリティで双極性障害で田舎在住の人間が好き勝手語ります。doaというバンドが大好き。

初めて女の子に恋をした話

私は「女性」として生を受けた。

しかし、幼い頃から性別の壁がとてつもなく苦痛で、何とかそれをぶち壊したいと思っていた。

それなのに、私が入学したのは中高一貫の女子校だった。

地元では進学校として知られていたので、勉強ができれば女子校だろうが共学だろうが構わないと思っていた。

 

 

私は「女性」として育てられた。

小学生の頃は「女子」として扱われたし、「女子」のグループと一緒に遊んだり下校したりすることが多かった。

やがておませな子たちは「好きな人」の話をしたがるようになり、「好きな人教えて。誰にも内緒にするから」と幾度も聞かれた。

私は「女性」は「男性」を好きになるのが自然なのだと思い、ほんの少し「かっこいいな」、「優しいな」、「一緒にいて楽しいな」と思う男子のことを「好きな人」として話した。

 

今思うとそれは確かに「好きな人」だったのだろうが、本当に「恋」だったのだろうか。

小学生の幼い恋、と思えばそれはそれで間違いではないような気もするが。

 

 

私は「女性」として女子校に進学した。

そこで出会ったのが、私が後に好きになることになる女の子、仮に「Aちゃん」と呼ぶことにしよう。

Aちゃんとは同じクラスで、入学直後のオリエンテーションでも同じグループだった。

それぞれ違う小学校から進学していたため、そのグループがそのままクラスでの仲良しグループになった。

 

中2、中3はAちゃんとは別のクラスだった。

始業前、休憩時間、終業後がAちゃんと過ごせる時間だった。

基本的には中学入学直後の仲良しグループの5人で過ごすことが多かったが、次第に私はAちゃんと過ごすことが多くなった。

単純に、共通の話題が増えたためだ。

グループ全員がいわゆるヲタクで好きなジャンルも少しずつ被っていたが、音楽が好きで主に小説を書くのは私とAちゃんだった。

 

Aちゃんはとても頭がいい子だった。

もちろん進学校なので飛び抜けて成績がいいわけではなかったが、勉強以外の雑学や時事問題といった学校では習わないことも詳しかった。

私も雑学や時事問題には興味があったので、非常に話が合った。

可愛いかどうかといえば……まあ、普通だと思う。

しかし、身長がすらりと高く、スタイルがよかった。

とにかく、一緒にいる時間がとても楽しい子だった。

 

いつしか私は少しでも早くAちゃんに会いたくて、学校に少し早く登校するようになった。

毎晩、Aちゃんに手紙を書いた。*1

授業中にも手紙を書いた。*2

連休ともなれば、家の電話で長電話をして家族に怒られた。*3

少し依存しすぎているような気はしたが、それでも行き過ぎた友情だと思っていた。

 

私が、恋している自覚をしたのはおそらく、高校1年生になった初日だった。

私の学校では中学生と高校生では制服のデザインが少し違い、初めて高校生の制服を着たAちゃんを見て、ときめいてしまったのだ。

大人っぽくてかっこよくて、きゅんとしてしまった。

 

 

その後、色々とあって徐々に擦れ違い、私たちは縁を切ることになる。

当時はAちゃんのことを恨みもした。

未練もあった。

けれど今は、彼女が元気で幸せでいればそれでいいかな、と思っている。

*1:当時の中学生はメールできる手段がほぼなかった

*2:学校に携帯電話を持って行くことなどもっての外だった

*3:個人の携帯を持っている中学生は稀だった